ビタミンC化粧品 おすすめ

ビタミンによって効果はさまざま?

ビタミンc

<ビタミンCの効果とは>

おそらく、美容業界でもっとも「メジャーな」ビタミンは、ビタミンCでしょう。これはメラニンに対抗する力であり、美白効果をもたらすものであり、殺菌作用があり、抗酸素作用があり、しかもコラーゲンの生成にさえ影響を及ぼす、まさに「美容界のビタミンの王様」です。特段記載がない限り、美容界ではビタミン=ビタミンC、と考えても問題がないくらいです。
ビタミンCは水溶性のため、肌になかなか吸収されません。そのため、ビタミンC誘導体という「合成物」にして、肌に塗布する方法が一般的です。ビタミンC誘導体はビタミンCとは違い、肌に効率よく吸収されますし、安定していて壊れにくいからです。

<ビタミンEの効果とは>

ビタミンEは、美容業界においてはビタミンCほど有名ではありません。しかしビタミンEも非常に大事な成分です。ビタミンEもまた、抗酸化作用を持っています。また、老化に対する予防策としても大変有効です。しかしビタミンCとビタミンEのもっとも大きな差異というのは、「ビタミンEはホルモンバランスの調整に一役買っている」ということでしょう。生理不順を改善し、整理通の痛みを軽減させる力をもっています。
また、女性ならばいつかは差し掛かる更年期。その更年期への対抗策としても有用なのです。ビタミンCもビタミンEも、「同じビタミンなのだからどちらか片方をとっておけばいいだろう」というものではありません。ビタミンに限らずですが、バランスよくいろんな栄養素を取り入れることが大切です。

それぞれのビタミンの効果が知りたい

ビタミン別、美容効果

ビタミンにはさまざまな美容効果があります。しかしそれぞれのビタミンによって、働き方は微妙にかわってきます。健康維持にも大切なビタミンですが、今回は特に「美容方面」をクローズアップしてみていきましょう。

 

ビタミンB1…喫煙者や、甘いものがすきなひとにおすすめ。疲れをとります。
ビタミンB2…肌荒れを癒す効果があります。ニキビの治療にも効果的。
ビタミンB6…皮膚炎の防止ができます。不足すると皮膚のかぶれが…。
ビタミンH…通称ビオチン。肌荒れに効果があり、髪の毛の質向上にも。
ビタミンC…美容業界でもっとも有名なビタミン。コラーゲンの生成やシミ対策に。
ビタミンA…乾燥肌に効き、老化防止にも役立ちます。
ビタミンE…シワやシミの対抗策として有効。老化にも対抗できます。

 

バランスよく摂取する

ほかにもビタミンB12など、さまざまな働きをするものがあります。ただここでは、特に美容関係に強く働くビタミンだけを取り上げてみました。もちろん、「このビタミンが美容にいいんだ!」と、これだけを食べていても意味がありません。人間の肌や髪は、普段の食生活や睡眠時間にも大きく影響されますから、バランスのとれた食事や、ちゃんと睡眠時間を確保することがとても大切です。ただ、これらを意識してとっていくことで、より効率よく美しくなれるということには間違いがありません。

 

ビタミンCを効率的に取り入れるならビタミンC誘導体もおすすめです→ビタミンC誘導体で美白効果