ビタミンクリーム

ビタミンクリームの効果

ビタミンクリームとフルーツパック

「えー、高いビタミンクリームなんか買わなくても、フルーツパックで十分じゃない?贅沢な気分になれるし」「ビタミンクリームよりもフルーツパックのほうが気持ちいいから、そっちを使いたい」そんな意見もありますよね。これは、フルーツパックに使われるフルーツが、大量のビタミンを含んでいることによるのでしょう。
でも、待ってください。フルーツパックとビタミンクリームは、同じ「ビタミン」でもまったく違うのです。まず大事なことなのですが、フルーツパックのビタミンは肌に吸収されません。これは水溶性ですから、角質層に入っていかないのです。もちろん、フルーツパックがダメ、というわけではなく、リラックス効果という面からは非常に高い評価ができると思います。しかしビタミンを摂取することだけを考えるなら、あまり有効とは言えません。

ビタミンクリームとは

対してビタミンクリームの中に入っている「ビタミン」は、多くの場合が誘導体です。ビタミン(C)誘導体は、ビタミンCよりもずっと安定していて、壊れにくいです。特にビタミンクリームに含まれているのは脂溶性ビタミンCの場合が多く、とても安定しています。やや吸収は遅くなりますが、肌ストレスがほとんどかからず刺激が弱いため、敏感肌でも安心して使えるというメリットがあります。このように、同じ「ビタミン」となっていても、ビタミンクリームとフルーツパックは、効果の面で大きく違います。