美容ビタミンc

「酸っぱい=ビタミン?」

ビタミンCと美容の関係

ビタミンCが美容に効果的であることは、すでにみなさんも熟知されているかと思います。ビタミンCはコラーゲンの生成にかかわり、美白効果もあって、抗酸化作用もあって、さらに殺菌作用まである、というまさに「パーフェクト超人」のような存在です。ビタミンCの美容効果はすでに医学的にも立証されており、いろいろな化粧品などにも使われています。
また、ビタミンCは美容のみならず、健康を維持し、生活を営むにも欠かせない成分です。ちょっと詳しいひとなら、「これが足りなくなると壊血病が起こっちゃうんだよね」と結びつけることができるのではないでしょうか。ビタミンCの効果に関してはさんざん語りつくされているので、ここでは、「ちょっと気をつけて」ということを一つ。

ビタミンC=酸っぱい、ではない!

ビタミンCは酸っぱい、と思っているひとはいませんか?酸っぱい食品にはビタミンCが含まれているんだ!とまで思い込むひとはいないかもしれませんが、果実酢などに含まれるビタミンCは多い、と思っているひとは多いはず。実は、果実酢に含まれるビタミンC量に関しては、やや疑問、という見解もあります。
そもそも、本来のビタミンCは無味です。色もついていません。「すっぱくて黄色い」というイメージは、レモンのイメージから、お菓子会社や飲料水メーカーが作り上げた、一種のイメージ戦略にすぎません。果実だからOK、酸っぱいからOK、というものではないんです。

 

肌の専門家が開発!ニキビケア【送料無料】