ビタミンc酸化

ビタミンCが酸化を防ぐ

ビタミンCはなぜ酸化を防げるか

ビタミンCは酸化を防ぐ。そういわれていますが、これはなぜだがお分かりでしょうか。ビタミンCは非常に強い酸化作用を持っています。これはとても不思議な言い方ですよね。でも、仕組みを知れば、「ああ、なるほど!」と思うはずです。
本来体を「酸化」させてしまう活性酸素は、体にまわる前に、ビタミンCとであいます。そうすると、ビタミンCはとても「酸化しやすい」物質であるため、活性酸素は、先にこのビタミンCに反応するのです。その結果、ビタミンCは酸化するものの、体内に悪影響が及ぼされなくなるのです。ちょっとドラマチックな言い方をするのなら、ビタミンCは自分の身を犠牲にして、体内の酸化を食い止めているわけです。

酸化するとどうなるか

体が酸化してしまうと、老化や飛蚊症やガンが起こりやすくなる、と言われています。それらをふせぐためにも、ビタミンCの摂取は有効である、ということです。ただし、より効率的に、体内の酸化を防ぐのであれば、運動などと組み合わせる必要もあります。ビタミンCだけをとっておけばいい、というものではなく、生活習慣全体の見直しもとても大切なのです。ビタミンCをとる生活、栄養素を意識する生活を続けることによって、生活習慣の見直しにも繋がります。美容、という観点からだけではなく、健康、という観点からみても、ビタミンCは非常に有用なナイトなのです。